コロナショック

 

 

コロナ騒動と安倍さんのゴルフスイングの関係

 

(2020年3月29日 私のメルマガ記事より抜粋)

 

 

コロナ騒動、、 結構、

 

 ヤバタニ園(さむ。笑。)

 

になってきましたね。

 

 

FX的には、ドル円など実に分かり易い相場で、ありがたいのですが、世の中は全然そうではありません。

 

首都封鎖も現実味を帯びてきて、そうなると、恐らく戦後最大の下落が見舞うでしょう。

 

 

それにしても、アメリカの矢継ぎ早の対策に比べ、どうも日本はトロいですね。

 

まあ、色々あるんでしょうが、こういうのは遅いと意味がないんじゃないでしょうか。

 

安倍さんはゴルフのスイングなどを見ていて、結構 せっかち系 (ごめんなさい)だと思っているので、多分、周りのスタッフが迅速に動かない人たちなのではないかと想像しています。(Aさんとか)

 

 

アビガン他の薬の早期登用にしろ、

 

(ワクチンなぞはとても待ってられません)

 

抗体検査にしろ、経済的給付金にしろ、、

 

 

遅い。

 

 

 

安倍さんは長期戦覚悟とか言ってますが、長期戦は最悪です。

 

コロナとの闘いは戦争ですから。

 

 

大昔の孫氏の兵法にも、

 

 兵は拙速を尊ぶ

 

と書かれています。

 

戦争は短期で決着しなければなりません。

 

 

 

安倍さんも睡眠時間を削って頑張ってやってくれてて感謝しているし、

 

ジョンソンさんのようにご自身が罹らないよう願いますが、

 

なんとかお願いします、、 安倍さん。

 

 

 

 

PS.

 

この記事がいいねと思った方はポチッとしていただければ嬉しいです。 ↓

 

 

 

 

コロナの弱点、そして、コロナショックのFX相場でのある実践風景

 

(2020年3月20日 私のメルマガ記事より抜粋)

 

 

コロナでどこもかしこも封鎖で、世界全員 鎖国状態 − ですね。

 

FX人口もさぞかし増えているでしょう。

 

 

そう言えば、アメリカの研究機関のまとめで、コロナは、

 

 湿度 50度

 

 摂氏 22.22度

 

で活動が収まるらしいですね、

 

(記事→ https://bit.ly/2xdPKi8 )

 

 

だったら、政府から、室内はそういう環境を推奨するべきじゃないでしょうか。

 

(ちょっと蒸し暑いかもしれませんが)

 

 

封鎖封鎖もいいですが、経済活動と両立できる方法が色々あるような気がするのですが。。

 

 

 

さて、、

 

 

昨日は夜の9時から10時半までだけトレードしたのですが、、

 

(今、コロナでなくても風邪をひくとややこしいので免疫力を高めるべく、早く寝るようにしています。(笑))

 

 

その時の”1秒スキャルFXのマックスジャッジメント”が

 

 

 『AUD/USDがいいよ』 

 

 

と示していました。

 

僕の読みとも合致したのでそれで行ったら、(億スキャのインディケータも同時に参照しました)

 

入れ食い状態、、

 

単純な押し目買い一辺倒で、ギザギザの↑部分を大体すべて刈り取るような恰好で稼げました。

 

(1ポジションをずっと持ったり、ピラミッディングもあるのですが、リスクが少なく、はまれば1ポジ保持より稼げるこの方法で行きました。)

 

 

その後ドル高の波が来たようですので、やってた方はドル円などでも稼げたでしょう。

 

 

やはりFXの基本はトレンドフォローであり、

 

トレンドフォローである限り、

 

 

 通貨の強弱判定は超重要

 

 

だと思います。

 

 

僕は一番分かり易いと思う、上に書いた

 

1秒スキャルのマックスジャッジメント

 

をいつも見ているのですが、他に、マーケティングFXでも見られるし、

 

これらをお持ちでない方も、無料で使えるMatafを使用すれば、前の2つに比べれば不便ですが、可能です。

 

 

 

通貨の強弱をあまり意識していなかった方は、ぜひこの機会にケアいただければ、きっといいことがあるように思います。

 

       (^_-)-

 

 

 

 

PS.

 

別件ですが、仮想通貨にご興味のある方に。

 

『時間をポイントに変える』というユニークな発想のもと、2019年仮想通貨不況の中上場後180倍の値をつけた

 

クロノコイン。

 

これで稼ぐ情報が無料で公開されています。

 

元大和証券常務、元国税局査察部、国際法律弁護士など、すごいメンバーが名を連ねます。

 

興味のある方はLINE登録してみて下さいね。

 

 ↓ ↓ ↓ 

 

 Project Horos

 

 

 

コロナショック相場の安心材料

 

(2020年3月4日 私のメルマガ記事より抜粋)

 

 

昨日、FRBが利下げしたことで、

 

「ほんとに やばいんだ」

 

感ショックが駆け抜け、ダウが大下げしました。

 

よかれと思ったことが裏目に出た感じですが、今朝の日経平均は上げてますね。

 

 

要因は、日銀のETF買いへの期待と、IOCが東京五輪を予定通り開催すると言明したこと、、

 

そして、米大統領予備選でバイデンさんが一部の州で勝利の見込み との報道のようです。

 

 

 

そんな中、僕は、神奈川の病院で

 

 

 ぜんそくの薬が新型コロナ肺炎に効いた!

 

 

報道に注目しています。 ↓

 

 朝日新聞デジタルの記事

 

 

 

コロナを駆逐することは無理ですが、もともとそれは期待していないので、症状改善だけでも上出来です。

 

(軽症者には副作用がある模様ですが)

 

 

これの有効性を早く政府がチェックして、OKであれば、大至急全国に通達、場合によっては世界に広めてもらいたいものです。

 

 

 

飲食業、観光業など、死活問題の業界は大変でしょうが、

 

 

 「明けない夜はない」 

 

 

僕的にはどちらかというと楽観、、

 

3月中にはなんとか方向性が見えると期待しています。

 

 

 

 

新型コロナ騒ぎに物申す人

 

(2020年2月26日 私のメルマガ記事より抜粋)

 

 

世の中は、相変わらず新型コロナ報道でもちきりですね。

 

 

相場もコロナ相場。

 

中には、”コロナ世界恐慌 ”まで唱える人もいます。

 

 

 

しかし、中には、”騒ぎすぎ” と警鐘を鳴らす人もいて、

 

あの堀江貴文氏なんかがそうです。 ↓

 

 

 ★ 日刊スポーツの堀江氏の記事

 

 

堀江氏はあまり好きな人ではないですが、今回の彼の言うことには賛成です。

 

 

騒ぎすぎて飲食店などの経営が危うくなったらそれこそ日本経済、大変です。

 

 

 

あの池上彰さんもこの前、コロナ特番で、

 

 

「熟年層は所定の注意が必要だけれど、若い人はそれほど恐れる必要はない。」

 

 

と言ってましたし、騒ぎすぎることが負の連鎖を生むことにもなります。

 

 

池上さんの言うように、

 

 

 正しく恐れる

 

 

ことが必要ではないでしょうか。