プロトリFX(プロフェッショナル・トリガーFX)の作者コウスケさんは、現役トレーダーとしても有名、常に「現場」でFXに取り組んでいるプレーヤーです。

 

なので、こういう優秀なソフトが生み出されるのでしょう。

 

プロトリFX 画像

 

従って、プロトリFX製品本体のお話
とは別に、FX全般にかかわる為になる話
を頂くことができます。 ↓

 

 

 

こんにちは。コウスケです。

 

相場は超長期というスパンではランダムウォークです。

 

ここでいう超長期とは1年以上となりますが、

 

 

 これは遠い未来は予測不可 という事。

 

 

未来が遠くなればなるほど時間というノイズが入りこみ、予測が乱れます。

 

ファンダメンタルズからも超長期的に経済の行く末を予測する事は不可能です。

 

投資行動でお金が増える事には変わりありませんが、今の日本経済のように徐々にインフレに傾けばお金が必然的に増加するのは当然の事です。

 

なので私はデイトレードを主軸として長くともセミスイング(2-3日間)のトレードをメインにしています。

 

ここがテクニカル予測という意味では限界地点です。

 

 

プロトリFXを既に使っている人はこの時間の使い方が非常にうまくなります。

 

今までの曖昧だった保有の根拠が可視化され完全にロジック化されているからです。

 

 

   (略)

 

 

 

 

 

 

FX(相場)は未来予想することは不可。

 

僕も全く同感です。

 

予想するのではなく、”付いていく” − こういうイメージだと思います。

 

そういうツールとして、プロトリFXは最高の伴侶となると思います。

 

 

 

 

 

もう一つ、コウスケ氏のお盆(2018年8月)のメールから。

 

こちら ↓ は「ちょっと雑談」的なお話ですね。  (^^)

 

 

世間はお盆ですね。

 

お盆の時でもチャートはしっかり動いているので、いつも不思議な気分です。

 

 

今回はそんなお盆中にもこのメールを読んでくれている方のためにちょっとした相場のアノマリーについてお教えします。

 

 

実はチャートが動く日には法則性があります。

 

しかもその法則性、というのが、「天気」なのです。

 

 

実は・・・雨の日って結構動くんです。

 

これには、しっかりとした根拠があります。

 

 

FXの取引高って世界的に見ても日本は結構上位で女性も多いんですよね。

 

雨の日って主婦の方とか買い物に行かず引きこもると思いますし、家で出来る事を探すと思うんです。

 

そこでポジポジ病の主婦達は旦那の資金を使って相場を動かすわけです。。

 

 

信じるか、信じないかはあなた次第です(笑)

 

遂にコウスケも怪しいアノマリーに走りだしたか…(笑) と思わないでくださいね。

 

 

とにかくボラティリティが高い所は「プロトリFX」でガンガン狙えるポイントがたくさん発生するのでポジポジ病の人達をやっつけて爆益を得ましょう!