このぺーじでは、本編に書いたトワイライトゾーンFXに関して、少し掘り下げた記事を書いてみたいと思います。

 

 

   *

 

 

トワイライトゾーンFXに限らないのですが、FXには、ゾーンというが概念があります。

 

例えば有名なのが、東京時間の高値・安値に囲まれた部分を、「ゾーン」と呼び、そこからのブレイクは一つのエントリーチャンスになったりします。

 

ネオスキャFXの”ゾーン”

ゾーン

 

 

トワイライトゾーンFXにおける文字通りの

 

 

 トワイライトゾーン

 

 

とは、、

 

投資収益率をベースに、ヒストグラムや統計学的標準偏差などの要素を総合した数学的コンポーネントということができます。

 

ユーザーサイトにも、そのあたりにことについてマニアックに説明がありますが、我々はそういう難しいことをあまり考える必要はなく、目に見える、分かり易い、カキコキした(笑)線を抜けるかどうかを見て、判断をしていけばよいわけだけです。

 

 

このトワイライトゾーンFXの「ゾーン」は8本の足で構成されているところが重要なポイントで、

 

 15分足だと、15×8=120分=2時間

 

という時間スパンの中で勝負していくのが、このノウハウツールの骨子となっています。

 

ただ、決済についてこのゾーン内で行う、という考え方には個人的に疑問を感じているので、僕独自の判断を採用していることは、本編で述べました。

 

 

 

あと、、 インディケータが沢山表示されている教材も多いのですが、

 

トワイライトゾーンFXには複雑なインディケータはなく、この「ゾーン」を中心に見ていけばよいだけとなっています。

 

 

まさにシンプル。

 

 

分かりやすく、使いやすいツールだということができます。