1秒スキャルFX 購入後の実践検証 感想と誰も教えてくれない注意点

 


1秒スキャルFX(マックス岩本氏作)購入後の評価・評判レビュー & 検証

(2019年11月11日更新)

 

   1秒スキャルFX 画像

 

 

 

 

いきなりですが、下記が2019年10月8日のトレード画像です。↓ 

 

1秒スキャルFXでの典型的な勝ちパターンがお分かりいただけると思います。

 

キーになるのは、オレンジのベルトのような部分。詳細は後述します。

 

 

1秒スキャルFX トレード画像

 

 

 

 

 

 

 

 

チャンス特典TOP

 

1秒スキャルFX 特典イメージTOP

 

 

 

 

 

1.1秒スキャルFXのポイント

 

こんにちは! 伊藤佳紀(Yoshiki)です。

 

2018年4月19日、あのクロスリテイリングさんから、『 1秒スキャルFX 』 が再販開始されました。

 

同社については、2017〜2018年頃は月替わり定食的に商材をリリースしていて、正直、オススメできるものはその中の一部だったのですが、1秒スキャルFXはその「一部」に属します。

 

非常に素晴らしいです。

 

僕も既に購入済。実践にいそしんでいます。

 

 ↓ ↓ ↓

 

  1秒スキャルFX(公式ページ)

 

 

 

理由を述べていきます。

 

 

 

作者はマックス岩本氏で、HPにもありますが、僕も愛読する専門雑誌『FX攻略.com』にも連載。

 

私も常連の読者です。

 

この業界では有名人ですね。

 

なんと、あの特定非営利活動法人、日本テクニカルアナリスト協会の認定テクニカルアナリストの資格もお持ちです。

 

(以前教材として、結構有名な「デイトレMAX」や「岩本式FXマスタースクール」を出されていましたが(今は販売終了)、僕的にはこの「1秒スキャルFX」がダントツに優れていると思います。値段も安いし。)

 

 

まあ、この名前を聞いた時、

 

「ん? この人が出すんなら、ヘンなのは出さないだろ。」

 

と思ったのですが、当たりでした。

 

 

クロスリテイリング(株)さんはどうも「スキャル」というのがお好きのようで、今までにも

 

 恋スキャFXビクトリーDX完全版
 FXスキャル・パーフェクトシグナル
 秒速スキャルFX
 イージー・スキャルFX
 FXスキャルピング革命
 勝利の黄金シグナル

 

など数々の(お、多い・・↑(笑))スキャル系商材を出してきましたが(グループ会社のものも含む)、私のレビュー(トップページ左カラム。スマホだと下段。)を見ていただくと分かる通り、恋スキャ以外は殆ど

 

 「様子見」

 

扱いで、グッとくるものはありませんでした。

 

なので、久々の秀作で、その点は嬉しいわけです。

 

(ちなみに、「1秒スキャルFX」以降も、One Tap Trade FX、ゾーンスキャルFX、Go!Go!!スキャルFX などと出ていますが、僕的には購入する気せず、「様子見」扱い。 その後、ゲイスキャFX億スキャFXが出ました。これらは秀作です。)

 

 

 

このプロダクトはタイトル通り、「1秒」でエントリー・決済の判断をしていけるのが売りです。

 

この手の文言(もんごん)をセールスページに書いているのは大体イマイチ商材が多いのですが、これは違います。

 

基本はトレンドフォロー(注)で、というか、トレンドからの利益しか狙いません。

 

(注 : トレンドフォローとは、トレンド(相場の流れ)をフォロー(支持)してエントリーしていく手法のこと。「順張り」とも言う。)

 

 

このプロダクトは3つの柱からなっています。

 

 

1 マックスアベレージキャンドル

 

これがこのプロダクト最大のキーコンポ―ネントです。

 

僕もこれに最初に会った時は感動しました。

 

アベレージという名の通り、「平均足smoothed」(注)ベースのインディケータに独自のアレンジを加えたものです。

 

(注 : 平均足とは → 平均足とは、4本値(始値終値高値安値)の平均値を利用してローソク足を描画することで、通常のローソク足に比べて値動きの傾向を分かり易くしたもの。(ローソク足のノイズを除去する) 通常のローソク足に比べて上昇トレンドでは陽線が、下降トレンドでは陰線が 連続して 発生するのが特徴。平均足smoothedは、平均足の前後で移動平均化させ、滑らかにしたもの。普通の平均足よりもロウソク足と重ならないため、元のロウソク足と比較しやすい。)

 

1秒スキャルFX マックスアベレージキャンドル

 

 

もともと、「平均足」というのは僕も大好きで、あのドラゴンストラテジーFXでも使用しています。

 

1秒スキャルFXは「平均足smoothed」ベースなので、さらにトレンドをつかみやすい。

 

色が変わったらエントリーというのがはっきりとしていて、確かにこれなら1秒で判断できます。

 

 

これにより、実際のローソク足がギザギザと上下しても、ブレることなく、綺麗にトレンドを捉えていることが分かります。

 

 

 

 

2 マックスジャッジメント

 

これがこのプロダクト2番目に重要なコンポ―ネントです。

 

通貨の強弱を示してくれるインディケータで、買われている通貨ペアと売られている通貨ペアを分かりやすく表示してくれます。

 

1秒スキャルFX マックスジャッジメント

 

これは1の「トレンド狙い」と綺麗に理屈が合っていて、トレンドを発生しやすい、トレンドが起こりやすい通貨ペアを狙い撃ちにできるものです。

 

 

そりゃ、そうですよね。

 

今一番買われているものと今一番売られているものをペアにすれば、水の流れる原理と一緒で、トレンド(潮流)をつかまえ易いのは当然です。

 

通貨の強弱と言えばMatafが有名ですが、1秒スキャルFXを理解するために、項目5に比較してみました。

 

 

 

 

3 マックスシングルボリンジャー

 

名前の通りボリンジャーバンド(注)系のインディケータで、エントリー・決済の判断の根拠を示してくれるものです。

 

(注 : ボリンジャーバンドとは、1980年ころにジョン・ボリンジャー氏が考案した指標で、「価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まる」という統計学を応用したテクニカル指標のひとつ。)

 

1秒スキャルFX マックスシングルボリンジャー

 

 

恐らく、海外のBBand stopというインディケータをベースにしたものと思われ(勿論アレンジはあると思います)、上の図のように片側だけにバンドが表示されます。

 

トレンド発生の方向が簡単に確認できる優れもので、ダマシの回避に役立ちます。

 

 

 

順番としては、

 

 2で通貨ペアを決め、

 

 1で色の変化を見、

 

 3で決済をする

 

といった具合で、初心者の方でも十分使えます。

 

 

まあ、個人的には、2 (マックスジャッジメント) が素晴らしい。

 

それを1と組み合わせた戦略が秀逸と思います。

 

 

 

 

 

PS.

 

1秒スキャルFX ユーザーサイトの項目は下記の通り。初心者にも分かり易くまとめられています。

● 本編
Vol.1 自己紹介
Vol.2〜4 FXの基礎知識
Vol.6 基本ロジック
Vol.7 通貨ペアの値動き
Vol.8 基礎のまとめ
Vol.9 インジケーター実践解説
Vol.10 実践トレード「基本ロジック編」「応用知識編」
Vol.11 講義動画(軽量版)ダウンロードページ

 

● スペシャル特典
・トレードチェックリスト
・メンタルコントロール法 一喜一憂しないためのメンタル & トレード時に必要なメンタルコントロール
・オリジナル資金管理シート & オリジナルFX用語集
・ルールを破らないために必要な目標設定の重要性
・マックス岩本のトレード環境を大公開

 

● フォローアップ動画一覧
・MAX_Judgement & 市場の切り替わりに関するご質問
・トレードアドバイス(2018年4月26日オンラインセミナー)

 

● セミナー動画
2018年2月21日〜2018年10月9日 オンラインセミナー全5回分

 

● リアルトレード集
・値動きが乏しい相場でのリアルトレード動画
・利益幅を意識したリアルトレード動画
・ロンドンタイムに動意づきやすい通貨でのリアルトレード動画
・ニューヨークタイムでエントリーしたリアルトレード動画
・目先の方向を重要視したリアルトレード動画
・ロンドンタイムに大きく動いた後のリアルトレード動画
・一定の損失幅を覚悟して利益につなげるリアルトレード動画
・基本ルールに沿って複合的に分析をしたリアルトレード動画

 

● よくある質問 / お問い合わせ / ダウンロード資料 / インジケータ / 証券会社一覧 / 最新のコメント / サインツール / イグジットEA

 

 

 

 

 

2. 1秒スキャルFXの感想、そしてネガティブ論などへの意見

 

 

結論から言うと、この手のスキャル系インディケータの中ではトップクラスではないでしょうか。

 

ていうか、クロスリテイリング(株)さんが今まで出してきた数々の教材の中でもトップクラスだと思います。

 

 

上にも書きましたが、通貨の強弱と平均足ベースのインディケータを使ってトレンドのみを捉えていく − それらを組み合わせた戦略が素晴らしいと思います。

 

ロジックがシンプルでありながら要所を的確に押さえていて、ちょっと極端に言えば、「究極の5分足トレンドフォローツール」とでもいえましょうか。。(ちょっと褒めすぎか。(笑))

 

1秒スキャルFX 戦略

 

 

ただし、当然トレンド狙いなので、レンジ(注)に弱いわけです。

 

(注 : レンジ相場とは決まった範囲で値が変動をする相場のこと。「往来相場」とも言う。トレンド相場とはその逆で、一定の割合で上昇または下落しながら一方向に向かっている相場のこと。)

 

 

オススメツールのドラゴンストラテジーやモントレも同様トレンド狙いなのですが、できるだけレンジを避けるのは共通です。

 

ただ、1秒スキャルFXの素晴らしいところは、通貨の強弱判定を行い、他の通貨ペアと比較して もともとレンジの発生しにくい場所を選ぶところにあります。

 

このあたり、通貨の強弱を重視し、ツールとともに攻略システムを提供するコンセプトはマーケティングFXに似ているところがあります。

 

 

 

 

あと、、

 

ネットなどを見てみると、 ネガティブ論を唱えている人もいます。

 

これらのネガティブ論は大体2つの点について言おうとしているようです。

 

 

一つは、、

 

1秒スキャルFXの使用しているインディケータは巷にあるインディケータを組み合わせたもので、「焼き直し」で価値はない、という趣旨の批判。

 

これは少し違うと思います。

 

 

FXのツールというのは多かれ少なかれ既存インディケータをベースにしているものであり、それをそっくそのまま持ってくるのはNGだと思いますが、当然、アレンジがされています。

 

また、そのインディケータの「組み合わせ」そのものに製品としての価値があり、私は、そういう理由で1秒スキャルFXを批判するのはおかしいと思います。

 

それはまるで、トヨタの●●●車は、アメリカで作られた●●の技術とドイツの●●の技術の焼き直しだから価値はない、と言っているのと同じだと思います。

 

勿論トヨタの車が世界トップクラスの製品を誇ることは皆の知るところです。

 

 

二つ目に多い批判は、、

 

そんなに勝てるツールなら、EA化(注)すればいいはずなのに、なんで? 勝てないから? という批判。

 

(注 : EAとは、無料のトレーディングソフト「MetaTrader」で起動させることができる自動売買用のプログラムのこと。Expert Advisor(エキスパートアドバイザー)の略称。)

 

 

これについては、グローバルロイズ(株)さんから出ている有力ソフト、ドラストFX への批判に対する答えとほぼ同じ内容になります。

 

少し私のドラストFX・レビューから引用↓します。

 

 

    (略)

 

 

なので、レンジ相場では結構ダマシも出ます。作者はレンジでも勝てると豪語していますが、私の持論は、レンジでは勝負すべきでない − です。

 

レンジとトレンドの見極め方については、私の紹介者特典にも書いています が、最終的には、トレンドを把握する大局観(ファンダメンタルを含む)、通貨ごとにマルチタイムフレーム分析を行えるスキル、エリオット波動の考え方、サポレジラインの取り扱い、などなど を含めたトータル裁量判断を入れてトレードするのが理想です。

 

なので、最終目標はそこに置いてください。

 

しかし、そういうものを全て備えた完璧なインディケータソフトは世の中に存在しません。(物理的に無理です)

 

「否」を唱える人はここのところ、上記のように、ツールを過信しているのではないかと推察します。

 

ドラストFXは、上に書いた様々な裁量要因を入れる前の支援ツールソフトとしては、非常に優れていると思います。

 

特に初心者の方にとっては、有用だと思います。

 

このあたり、「否」とは逆に、「賛」(良い点)ばかりを書いている記事も散見しますが、こういう大事なところを理解した上で、活用できるところ、注意すべきところを分別しながら実践していけば、良いトレード環境ができると確信します。

 

 

   (略)

 

 

 

要は、、

 

ツールだけ自動で動かして常勝できるようなのは世の中に存在しません。

 

(もしあったら、高額であっても世界中から購入依頼が殺到するはずです。メルマガによく書いていますが、トランプやプーチンも「オレにもくれ」って言うでしょう。(笑))、

 

なので期待してはダメで、それをもって1秒スキャルFXやこの種の他ツールを批判するのは的外れ − ということだと思います。

 

1秒スキャルFXもドラストFX同様、裁量を入れる前の支援ツールとして使うべきであり、そのツールとしては非常に優れていると思います。

 

 

 

PS.

 

個人的には、こちら(→)のレビューページにも書いていますが、億スキャFXと相性が良いと思っています。

 

ご予算の許される方は2つを同時使用して、エントリーロジックの重なるところを狙っていけば、勝率が増すものと思います。

 

 

 

  1秒スキャルFX

 

 

 

 

 

 

3.1秒スキャルFX 実践の模様・データ

 

 

実践トレードの ほんの一部です。 ※利益額は1ロット=10万通貨取引として計算)

 

(ここにある以前のトレードデータ例については、こちらのページへ

 

 

● 2019年9月17日

 

1秒スキャルFX トレード画像

 

 

● 2019年9月16日

 

トレード画像20190916

 

 

● 2019年8月22日

 

トレード画像20190822

 

 

● 2019年6月20日

 

1秒スキャルFX トレード画像2019620

 

 

● 2019年6月3日

 

1秒スキャルFX トレード画像2019603

 

 

 

● 2018年4月23日(月)〜24日(火) GBPAUD

 

 

エントリー:22時15分頃 決済:25時50分頃
獲得pips:+61.4pips(約5万1000円の利益)

 

エントリー後、OCO注文(注)でほったらかし。(笑)

 

(注 : OCO注文とは、2つの注文を同時に発注し、一方の注文が約定するともう片方の注文がキャンセルされる注文のこと。 決済時は、利益確定の指値と損切りの逆指値注文を同時に発注できるため、リスクコントロールを考える上で有効な注文方法。

 

 

 

● 4月18日(水) GBPAUD

 

 

エントリー:17時50分頃 決済:20時10分頃
獲得pips:+105.4pips(約8万8000円の利益)

 

見事に急落相場の波を掴まえて9万円近い利益を獲得。
「1秒スキャルFX」では、このレベルのトレードチャンスが毎月200回以上。

 

 

 

 

 

4.1秒スキャルFXとドラゴン・ストラテジーFXの比較

 

ここで、1秒スキャルFX と、、 同じくスキャル分野でのベストセラー、ドラゴン・ストラテジーFXを比較してみたいと思います。

 

読者様からもご要望のあった件です。

 

 

実は、この2プロダクト、よく似ています。

 

 

最もよく似ている部分は、平均足でトレンドを追いかけるところ。

 

ロジック的にも理にかなっており、2つとも優れたプロダクトだと思います。

 

 

ただ、決定的に違うところがあります。

 

それは、、

 

 

1秒スキャルの マックスジャッジメント(通貨の強弱をリアルタイムに示すインディケータ)に相当するものがドラゴン・ストラテジーFXにはない

1秒スキャルFX マックスジャッジメント

 

 

ドラゴン・ストラテジーFXの ドラゴンアローズ(マルチタイムフレームで長期時間軸のトレンドを示す矢印インディケータ)とドラゴンメーター(トレンドの勢い)に相当するものが1秒スキャルにはない

ドラゴン・ストラテジーFX ドラゴンメーター

 

 

です。

 

 

いやあ、、

 

両方とも、喉から手が出るほど欲しい部分がそれぞれ 無い、っていう感じですね。  (^^)

 

なので、ご予算に余裕のある方は両方揃えれば良いことが起こる − ということになってきます。

 

 

いずれにしても双方ともに、優れたサインツールであり、オススメできることは間違いありません。

 

 

 

PS.

 

1秒スキャルFXとゲイスキャFXの比較については、ゲイスキャFXレビューページ項目6に記載しましたので、ご参照下さい。

 

 

 

 

 

 

5.1秒スキャルFXとMatafの比較

 

 

1秒スキャルFXの超目玉が、通貨の強弱を測るスシステムにあるのは前述の通りです。

 

通貨の強弱を測るシステムとして有名なのがMatafです。

 

1秒スキャルFXの通貨強弱表示システムの優秀性を理解するために、少しMatafと比較してみたいと思います。

 

Matafはフランス発のフリーツールサイトで、ホームはここです。 → Mataf  

 

 

ホームの下の方にある 『Currency Index』 をクリック、開いたページで2つのチャートが目に入りますが、下のチャートが通貨の比較チャートになります。

 

ここで、左側にある通貨をクリックして通貨の強弱を比較したいものを選んでいきます。

 

例えば、ドル・円・ユーロを比較する場合はそれらをクリックすると下記のようなチャートになります。

 

1秒スキャルFXとマタフ

 

 

詳しいオペレーションはこのサイトなどを参考にしていただければと思うのですが、、

 

どうでしょう? 1秒スキャルFXのマックスジャッジメント↓と比較してみると一目瞭然ですよね。

 

全然1秒スキャルのほうが分かり易い。

1秒スキャルFX マックスジャッジメント

 

1秒スキャルFXのほうは一発で通貨の強弱が複数通貨ペアで分かるのに対し、Matafのほうは自分で通貨ペアを選んで切り替える必要があるというわけです。

 

1秒スキャルFXの優秀性がここでも分かります。

 

 

 

 

 

6.私への問い合わせ連絡先/関連記事

 

ご不明な点などは遠慮なく、 y.ito@eeinfo3.xsrv.jp までお問い合わせください。
お電話でもOKですヨ! → 03−5818−3933 (平日9:00〜17:30) 

 

 

関連又は参考になる記事:

 

海外でも有名な平均足スムーズドとは?

 

ゲイスキャFX : 同じ販売社からの1分足対応優良教材その1

 

恋スキャFX : レンジを攻略する、同じ販売社からの優良教材その2

 

FXスキャルピング攻略ノウハウの比較

 

 

 

 

 

 

7.紹介者個別/通常特典について

 

『1秒スキャルFX』の紹介者特典請求リンクはこちら ↓
  (下記テキストをクリック)

 

 

  1秒スキャルFX

 

  1秒スキャルFX 画像

 

 

 

本サイトから上記「紹介者特典請求リンク」を通じてご購入頂いた方には、私からの紹介者特典を無料でご提供させて頂きます。特典は、「個別特典」と「通常特典」があります。(特典請求方法はこちらをご参照下さい)

 

 

それでは、まず個別特典について。

 

 

■ 1秒スキャルFX 実践レポート 最新版

 

1秒スキャルFX実践の中で、

 

・マニュアルには書いていないけれど、実践したほうが良いと思うこと
・実践ならではの気づき・注意点
・表には出てこない、1秒スキャルFXの利点と活用法

 

などを、実践に即して赤裸々に述べた渾身のレポート!

 

私が1秒スキャルFXの実践から編み出した、鉄板の攻略パターンもお話します。ここにしかない情報です。

1秒スキャルFX 実践レポート

 

 

■ 著者に聞けないこと、言えないこと、よろず相談 120日メールサポート

 

1秒スキャルFX を実践する中でのお問い合わせなどは、基本的には作者の方へいただくと思いますが、私のほうから、「著者に聞けないこと、言えないこと、よろず相談 120日サポート」 をご提供させていただきます。

 

皆様の実践の手助けにお使いください。

FXスキャルピングセミナー

 

 

■ 私が著者(社)より特別に入手した3つの個別特典

 

下記の3特典は、著者から少数の人にしか提供されていない貴重な情報です。

 

(1) マックス岩本が考える成長に必要な三大要素
トレーダーとして成長するために必要な要素をマックス岩本氏が解説!(音声版)

1秒スキャルFX 特典

 

(2) 年収5,000万円トレーダーが徹底解説!テクニカル分析で意識すべき経済指標とは
1秒スキャルFXテクニカル分析にファンダメンタルズ要素を取り入れ、さらに価値を伸ばす方法。

 

(3) マックス岩本の知っておくべきマメ知識」
この特典動画では、より1秒スキャルロジックの勝率アップや利益率アップにつながるような内容をレクチャーしてくれます。”マメ知識”とは?

 

 

 

■ 上がっても下がっても、どちらに転んでも儲かる! 夢のアービトラージ(さや取り)で稼ぐ方法
↑ 2019年10月 パワーアップバージョン

1秒スキャルFX特典・アービ

 

(従来の 『上がっても下がっても、どちらに転んでも儲かる!夢のアービトラージ(さや取り)で稼ぐ方法』 に、より細かな局面での対応等を書き加えました。)

 

「上がっても下がっても、どちらに転んでも儲かる」という夢のような取引をしてみたいと思いませんか?
すべてのケースに当てはまるわけではありませんが、一つの手法として使えると思います。
実際、私は これで 稼いでいますし、一種の正攻法とも言えるので、こっそりやっているトレーダーも多いはずです(人に言わないだけです)。

 

ちなみに、似た動きをする通貨(例えばAUD/JPN と NZD/JPN)で両方の差を狙って予測し、両建てするとか、FX業者によって微妙に異なる提示レートの差を利用してわずかな隙間を稼ぐとか、古典的なセコい(笑)方法ではありません。

 

受け取った方からも高い評価を得ているノウハウです。

 

1秒スキャルFXとは違った面からFXを攻略する手法になると思います。

 

 

 

 

まだまだ個別特典は続きます。 ↓

 

 

FXチャンス特典 DTL

 

 

1秒スキャルFX 個別特典説明2

 

 

ファンダメンタルズ特典

 

 

イサム特典

 

8FX特典

 

 

以上の個別特典は、下記特典群とは別に、必ずご提供させていただきます。

 

恐らく著者を除き、ここまでの情報をご提供しているところはないと思っています。

 

(個別特典については必ず通常特典と一緒にお送りしますので、下記特典請求手続き時にも特に記載の必要はありません。)

 

 

 

次に通常特典です。

 

 

上のリンクからご購入をいただいた方には、下記リストにある怒涛の特典群から、お好きな特典 17個 を差し上げます!

 


では、そのリストですが、その前に特典請求の御手続き方法についてお話させていただきます。

 

 

★ 手続き方法について ★

 

まず、ASP(インフォトップ社)のご購入場面に下記表示があることをご確認下さい。

 

この表示がされないまま購入された場合、私どもの紹介者特典を受け取ることができませんので、もし表示がない場合は下記メールアドレスにご連絡下さい。急ぎ対処方法をご返信いたします。(下記はPCの場合の表示ですが、スマホでも同様の内容の表示がされます)

 

1秒スキャルFX 特典表示

 

 

ご決済後、インフォトップ社から送られてくる ご注文ID番号 と 17個分の ご希望特典番号 をお書き添えの上、

 

 y.ito@eeinfo3.xsrv.jp (株)E&E 伊藤宛

 

お送りください。 

 

(個数は大番号1個で1個とカウントします。例えば、ご注文ID番号が 1234567 で、ご希望特典が、「5 ネット最新ツール 怒涛の8連発!パック」 と、「16 最進化系特典パッケージ− ”金運成就2”本編から」 の中から 16-2 − の場合は、「注文ID 1234567、特典希望 5、16-2 」 と記載いただければと思います。(実際には17個分の番号をお書きください。) 個別特典については上述の通り、必ず通常特典と一緒にお送りしますので、特に記載の必要はありません。

 

折り返し、原則24時間以内に特典のダウンロードURLを返信させていただきます。
(万が一24時間を越える場合には必ず事前にご連絡させていただきます)

 

 

ご不明な点などは遠慮なく、 y.ito@eeinfo3.xsrv.jp までお問い合わせください。
お電話でもOKですヨ! → 03−5818−3933 (平日9:00〜17:30) 

 

 

 

それではいよいよ怒涛の(通常)特典群です。

 

巷ではよく、再配布権付無料レポートを特典にしているケースがありますが、それらは無料レポートスタンドでいつでも入手できます。

 

ここにはその種のものは一つもありません。

 

 

下記リストにある内容はタイトルとその簡単な説明になります。詳細は、サイト” 特典の館 ” に記載ありますので、お選びの際にはぜひご参照ください。

 

(現在販売中あるいは以前に販売したコンテンツの実際のHPなども見ることができます。)

 

  特典の館
   特典の館

 

 

通常特典

 

 

 

 

 

 

8.1秒スキャルFXの理解を助ける、作者からの動画集

 

作者からの動画集です。

 

全部見るのは大変かもしれないので、これはと思うものをピックアップして見て頂ければ、教材の理解の助けになると思います。

 

 

 

1 わずか1秒の判断で行う新ロジック

 

 

 

2 わずか1秒の判断で行う新ロジック(続き)

 

 

 

3 たった5秒で勝てる相場を見抜く

 

 

 

4 1秒スキャルFXの全貌

 

 

 

5 Q&A動画

 

 

 

6 追加のQ&A動画

 

 

 

7 説明会オンラインセミナーの録画版

 

 

 

8 全10個、総額28万円相当!特典解説動画

 

 

 

9 スタッフ鈴木さんのリアルトレード動画

 

 

 

10 追加のQ&A動画 2

 

 

 

11 注目の“本音”座談会動画!

 

 

 

 

 

 

9.読者様から私に送られてきたQ &A (著者のHPに書いてある内容以外のもの)

 

ここでは、1秒スキャルFXに関して、メルマガやブログの読者様から私に送られてきた質問と、その回答を記載したいと思います。

 

(著者のHPのQ&A等に載っている同様の内容のものは除外してあります。それらについては著者のHPをご参照ください)

 

今後も、読者様から送られてきたものも逐次追加してゆきたいと思います。

 

 

 

Q1: 伊藤さんはこの1秒スキャルFXを絶賛のようですが(笑)、欠点は無いのでしょうか?

 

A1:

 

はい、やはり上にも書いたレンジ相場に弱いところが欠点です。

 

ただ、上に書いたように、1秒スキャルFXの素晴らしいところは、通貨の強弱判定を行い、他の通貨ペアよりも もともとレンジの発生しにくい場所を選ぶところにあります。

 

また、複数のインディケータを工夫してそれらが相関するように作ってあるので、トレンド場面を極限まで狙えるようになっていると思います。

 

シンプルコンセプト

 

ただし、このFXの世界に「絶対」ということはないので、ダマシに遭うこともあるでしょうが、それはそれで「経費」と考えればいいのではないでしょうか。

 

 

 

Q2: ファンダメンタルズ要素は考慮しなくていいのでしょうか?

 

A2:

 

色んなところに書いていますが、僕はわりにファンダメンタルズを重視するほうです。

 

1秒スキャルFXは優秀ですが、ファンダメンタルズでトレンドが確認できればより自信を持ってエントリーできるわけで、そういう意味でファンダメンタルズ要素を考慮するに越したことはないと思います。

 

ただ、ファンダメンタルズの大きな時間軸で大きなトレンドが確認できないときなど、テクニカルで判断をしていくための道具がしっかり揃っているのが1秒スキャルFXですので、そういう意味では安心できます。

 

 

 

Q3: バックエンド商材はないのでしょうか?

 

A3:

 

ある模様ですが、時期によっても違うようで、購入後の作者からのメールを参照してください。

 

僕的には、この教材だけで十分と考えているので、バックエンドは購入していません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【このページの著者について】

 

 

株式会社E&E 代表 伊藤佳紀(Yoshiki)

 

IT系のサラリーマンからコンサルティング会社を立ち上げて独立。

 

FXの研究と実践に昼夜取り組んだ結果、安定した収益を継続して実現。

 

活動としては、メルマガやブログなどによる情報発信とともに、FXの勉強会を開催、講師を勤める。

 

詳細プロフィール & 特定商取引法に基づく表示 はこちら

 

著者のメルマガはこちら